誰でもおしゃれなホームページ制作
SEOも完璧なワードプレスがおすすめ!

大ロングセラーSEOテンプレート【賢威】
△詳細はこちら

専門知識は不要!初心者でもカンタン!
低価格な自分で更新できるホームページ作成サービス

ホームページのルール!文章の読み込まれる順番と、意味づけを的確にする

話が専門的になりますが、HTMLは、「文章の語句の意味を定義するため」のものです。
見た目、デザインは、CSSで行うように推奨されています。

つまり、H1タグ(見出しタグ)は、見出しだから大きく表示されているだけで、
「大きく表示させるためのタグではない」ということです。
つまり、「これは、見出しですよ」を表すためのタグです。
 見出しの大きさ、色はCSSで設定します。
なぜ、このような意味づけが必要なのかというと、
「コンピュータは意味を理解できない」からです。文書を読んでいって、
「あぁ、ここは見出しね」と人間は簡単に判断できますが、コンピュータにはできません。
そこで、「見出しですよ」とコンピュータに教えることを目的として、
タグを付けます。このように人間が、意味をコンピュータに教えてあげることで、
高度な処理ができるようになります。
※情報学の研究では当たり前の知識です
難しいことは、さておき…
ポイントは、4つです

  • 読みやすい文章を意識して、見出しを効果的に使う
  • 大事な語句は、強調(strong)を使う
  • 箇条書きを効果的に使う
  • リンクを適切に付ける

読みやすいページは、文章が適度にブロックに分けられ、見出しがついています。
見出しは、すぐ下に続く文章の概要を表すものですよね?
同様に、大事な語句は、太字(strongを付ける)にします。
箇条書きにして読みやすく工夫するなどなど…
 このように、当たり前のように、分かりやすく読みやすい文章を作ることを意識して、
その意識に合わせて、タグを使うことで、検索エンジン対策になります。
更に、リンクを適度に挿入して、「関連する情報にアクセスしやすく工夫」しましょう。それだけで、十分なのです。

このような自分自身でできる対策をしっかり行った上で、検索エンジン登録や、本当に関連するところと相互リンクすることが大切です。
スパムサイトと見なされたところから、リンクされていると、そのサイトも悪いサイトと判定されますので、むやみに相互リンクをしないことも重要です。
最近だと、よいコンテンツを作ることで、OKWeb、はてな、Yahoo!知恵袋など重要なページ、多くの人が訪れるページに、ブックマークや紹介をしてもらえるようになります。
つまり自分が変わる努力をすることで、大きな結果を得る可能性が開けてきます。




「賢威(ケンイ)」は、SEO業界で圧倒的な実績を持つ
京都のWebプランニングチーム「ウェブライダー」が、
そのノウハウを余すことなく詰め込んだ、
SEOテンプレートパックです。